電線共同溝工事C.C.BOX

電線共同溝とは

電線共同溝工事は、土木・電気・通信とさまざま条件の曲線配管を施工しますので、各分野の専門技術者が必要となります。 ワタナベ忠電株式会社は地中線管路工事の豊富な実績と経験を生かし、安全で確実な施工をモットーとしております。

「施工前」

電柱により歩道の幅が狭まっており、景観もよくありません。 施工前画像

「施工後」

電柱がなくなったことで景観もよくなり通行の妨げもなくなりました。 施工後画像

電線共同溝の目的

道路脇に林立する電柱を無くし、電力・通信線等をまとめて、歩道内の地下空間に収容するための、道路施設です。C.C.Boxとは、C=「Community"地域社会"、Communication"通信"、Compact"小型・軽量"」 C=「Cable”電線”」Box=「箱」を略したもので、電線類を箱に格納するといった意味をこめたものです。

町の景観の向上

電柱や電線がなくなって町の景観が向上し、安全で快適な美しい町をつくることで地域の活性化を促進します。

歩行者の利便性向上

道幅を狭めていた電柱が少なくなり、歩行者だけでなくベビーカーや車椅子で通行される方もより快適に歩道を利用できるようになります。

非常災害時の対策

電線や電柱は、災害時に衝動活動の障害になったり、台風や地震による倒壊、切断などの危険があります。共同溝はこれらの被害を最小限にします。


電線共同溝の工事実績

工事実績の詳細はこちら